忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
Powered by NINJA TOOLS
最新コメント
[08/14 ヤマト]
[07/25 GRID]
[08/18 九州人]
[05/05 まちづくり]
[10/29 いなかもの]
[08/11 まちづくり]
[12/29 いなかもの]
プロフィール
HN:
ヤマト(^_^)v
性別:
男性
趣味:
サッカー日本代表の応援
自己紹介:
■技術士(総合技術監理部門)
■技術士(建設部門:土質及び基礎、建設環境)
■技術士(農業部門:農業土木)
■上級技術者〔施工・マネジメント〕(土木学会)
□のり面施工管理技術者
□一級土木施工管理技士
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[128] [127] [126] [125] [124] [122] [121] [120] [119] [118] [117]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマトです。

日本人は、「失敗=恥」という認識概念が一般的です。
それは、失敗→悪→羞恥という連鎖がもたらす結果だと言えるでしょう。
これは代々受け継いできた感覚ですから、いきなりこれを改めるといっても、「明日から直します」という類のものではありません。

とすれば、DNAに書き込まれた情報にしたがって活動する日本人は、意識改革がそう簡単にはできないのか?
答えはYesともNoとも言えます。
即ち、各自の意識次第で答えは変化するということです。
上記質問に対する答えにNoと答えたい方は、以下を読んでみて下さい。

失敗の後どう行動するか
この対応しだいによってはビッグチャンスとなります。

ある顧客を怒らせてしまった。
電話でまずは謝るが、それだけで終わらせることなく、即相手先へ足を運び、誠心誠意を尽くして相手の期待する以上の対応を行う。
その結果、相手の心を掴むことができ、お得意様になって頂けるかもしれません。
つまり、対応しだいで文句・苦情は最良のチャンスと言えます。

失敗のメリット
○他の人が経験しないことを経験している
○失敗は可能性の全否定ではなく、ある選択肢の可能性の無さを確認する行為
○人間的魅力が増す
○体の中にノウハウが染み込む
○自分を笑い飛ばせるジョークねたが増える

アメリカでは
失敗を恐れて何もしない方が恥だと言われます。
アメリカの学生は、てんで的はずれな発言をしても、平気な顔をしているそうです。
つまり、間違ったことでも発言した方が評価されるお国柄と言えます。
また、アメリカでは起業家に投資をする時、能力が同じであるならば、かつて会社を倒産させた経験のある方に投資をするそうです。
会社を潰した経験を価値とみなすようです。

このように、失敗とは経験値と言えます。
大いに失敗をし、経験値を伸ばしていきましょう。

さしずめヤマトなんて、技術士試験では並大抵の経験値ではありません。
「不合格」経験は2桁に及んでいますから。
2~3回の失敗など何するものぞ。
周囲は呆れています。
失敗続きで能力が無いのだから、スキルアップが先だと。
ヤマトは言います。
合格してもスキルアップを図らない合格者よりも、ヤマトが合格した時には遙かに能力の豊かな合格者になるのだと。
果たして合格の日は訪れるのか?
まぁ~継続は力なり。
何とかなるでしょ。

では今日もBreak Throughを目指しましょう♪
banner2.gif

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]