忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
Powered by NINJA TOOLS
最新コメント
[08/14 ヤマト]
[07/25 GRID]
[08/18 九州人]
[05/05 まちづくり]
[10/29 いなかもの]
[08/11 まちづくり]
[12/29 いなかもの]
プロフィール
HN:
ヤマト(^_^)v
性別:
男性
趣味:
サッカー日本代表の応援
自己紹介:
■技術士(総合技術監理部門)
■技術士(建設部門:土質及び基礎、建設環境)
■技術士(農業部門:農業土木)
■上級技術者〔施工・マネジメント〕(土木学会)
□のり面施工管理技術者
□一級土木施工管理技士
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[471] [470] [469] [468] [467] [466] [465] [464] [463] [462] [461]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマトです。

未だ梅雨明け宣言の声を聞かない岡山ですが、昨日は明らかに梅雨明けしたかのような一日でした。
歯科診療で出かけた午前中、既に晴れ間が広がって、暑さの予感はありましたが、午後からはかなりの暑さになりました。
もう梅雨明けしたのではないのかな??
そんな風に思える一日でした。

梅雨前線が北上してくれると喜ぶのが22日の皆既日食を待っていらっしゃる方々でしょう。
せっかくトカラ列島まで行かれるなら話は別ですが、本土は地域限定的に梅雨明けしているに過ぎません。
したがって、皆既日食の観測は天候に大きく左右されることになります。
国内では46年だそうですから、どうか当日お天気でありますように。
月の400倍の大きさを持つ太陽が、月までの距離の400倍の彼方に位置する関係から発生する皆既日食。
自然の不思議と言えばそれまでですが、それ以上に計算し尽くされた神の存在を感じないわけにいかない感情を持つのはヤマトだけでしょうか。

「ヤマトの総監ノート」には多数の方々に応募を頂いています。
お申込される方々にもそれぞれ特徴があることはこれまでにも記載してきました。
その一方で、受け取られた方々の反応もそれぞれです。
依頼を受けた段階でそれぞれの方々へお送りするpdfファイルを作成させて頂きます。
詳細は記述致しませんが、これは申込をなさった方々の立場を保全するための措置として対応させて頂いています。
その後、宅ファイル便で送付させて頂きます。
なかなか受信されず、そのまま放置されてダウンロード期間を過ぎてしまう方。
受信後速やかに受信のご連絡を下さるだけでなく、使用感を改めて送って下さる方。
受信はするものの、受信したことを伝える連絡すら送ってこられない方。
いろいろです。

ヤマトには「ヤマトの総監ノート」を依頼される方々に送らなければならない必然はありません。
あくまでも自らが総監の勉強を通じて得たノウハウを移転しようと考えただけです。
「ヤマトの総監ノート」を褒め称えて欲しいとも考えていません。
後進のためにさらにアップグレードするためのご意見を頂きたいと考えているだけです。
しかし、マインドを持たない方に貴重な時間を使ってまでお送りしたいとは思いません。
「ヤマトの総監ノート」は大した資料では決してございません。
今のところ有料で頒布することは考えていませんが、マインドだけは確認させて頂くべきだと考え始めています。
X理論的に対応するよりも、Y理論的に対応したいと考えてきましたが、考えを改めた方が良いのかもしれません。
したがって、一旦「ヤマトの総監ノート」の配布を中止したいと考えています。
悪しからずご容赦下さい。

今日は土木学会誌特集企画のために1冊本を読んで、取材のための質問事項を取りまとめなければなりません。
頑張ります!!

では今日もBreakThroughを目指しましょう
banner2.gif
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
お疲れさまでした
ヤマト様
総監ノートの配布お疲れさまでした。

今回の記事を読んで外野ながら思うことがたくさんあり、何度も書いたり消したりしましたが、とうとうこのような当たりさわりのないものになりました。(自戒の意味もありますが。)

人の善意に感謝できる人、当たり前と思う人。黙ってわからないと思う人。
いろんな人がいますが、受け取る情報の重要度、また、発信された方への心つがい。
自分が、その情報を手に入れるための情報発信者の努力。
私が古い人間になりつつあるのかもしれませんが、日本人の人を思いやる気持ちがだんだんなくなっているのでしょうか。さみしい思いを受けました。
ヤマト様におかれましては、個人的な気持ちではありますが、引き続きこのような活動(有料・無料は別にして)を継続されることを総監受験者のためにも願います。
(有料のほうが、お互いにモチベーションがアップしていいかもしれません。)
まちづくり 2009/07/22(Wed)05:57:33 編集
Re:お疲れさまでした
まちづくり様

まず、お心遣いいただきありがとうございます。

お譲りする情報の性質上、お受け取りになられた方々にご迷惑がかからないように、最悪のシナリオを想定して資料をお渡ししていました。
最悪のシナリオとは、配布させて頂く資料が悪意で使用された場合でございます。
このため、個人単位のファイルPWをすべて変更してお譲りしていました。
さらに、ファイルオープンのPWと編集可能にするためのPWも別なものにしていました。
したがって、1つのファイルにつき2つのPWを設定していました。
このようにしておけば、仮にファイルオープンのPWと共に情報が流通しても、どなたのファイルかが特定できます。
犯人捜しをするためではなく、その他の方々が犯人に疑われる可能性を防止するためです。
こうした思想でご依頼を下さった方々のお手元に「ヤマトの総監ノート」をお届け致しておりました。
ただ、少々疲れました。

また、ご承知のとおり「ヤマトの総監ノート」は完成品ではありません。
『My 青本』の構想にはほど遠いものでございます。
皆さまがそれぞれ独自の視点で作成される『My 青本』の一助にはなるかもしれないというレベルのものでしかありません。
したがいまして、有償で配布する考えは毛頭ございません。

技術は継承する必要があります。
イヤ、むしろ継承して初めて技術として確立されるのだと思います。
偉大な先人たちの背中が大きなインセンティブを我々に与えて下さるのに比べれば、「ヤマトの総監ノート」など取るに足らない資料です。
また、師匠が弟子にモノを教えるのに金銭を取って教えたでしょうか?
そのように考えれば、「ヤマトの総監ノート」を有償だなどとは到底考えられません。

但し、今のスタイルは少々改善が必要であることは確かでございます。
そのために一旦配布中止とさせて頂きました。
何卒ご理解の程宜しくお願い致します。
まちづくりさんのお心遣いには心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

ご多忙の中わざわざコメントを頂きありがとうございます。
また、機会がございましたらお立ち寄り下さい。
心からお待ち申し上げております。
【2009/07/22 14:13】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]