忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
Powered by NINJA TOOLS
最新コメント
[08/14 ヤマト]
[07/25 GRID]
[08/18 九州人]
[05/05 まちづくり]
[10/29 いなかもの]
[08/11 まちづくり]
[12/29 いなかもの]
プロフィール
HN:
ヤマト(^_^)v
性別:
男性
趣味:
サッカー日本代表の応援
自己紹介:
■技術士(総合技術監理部門)
■技術士(建設部門:土質及び基礎、建設環境)
■技術士(農業部門:農業土木)
■上級技術者〔施工・マネジメント〕(土木学会)
□のり面施工管理技術者
□一級土木施工管理技士
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [109] [110] [108]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマトです。

沖縄駐留の米軍兵士による不祥事がまた起きた。
これまで何度と無く繰り返されてきた問題だ。
米軍側は、教育プログラムの改善を実行すると表明しているが、果たして効果の程はいかばかりか。

こうした事態が発生する度に思うことがある。
沖縄は、「独立宣言」をすべきであると。

古来、沖縄は琉球王国として君臨していました。
経済圏は日本と言うよりも、東南アジアの方が明らかに密接です。
わざわざ日本国の中に止まる必要はないと思うのです。
独立した国家として、その意思を示すべきではないのでしょうか。

そして、まず着手するのは、独立と共に米軍基地を撤廃です。
しかし、これだけでは安全保障が全く機能しない無防備国家となってしまいます。
したがって、ここからが交渉です。
一旦は、米軍に出て行けと言うものの、米軍側は当然渋るはずであることは明白です。
そこで、駐留を続けたいのであれば、一定の占用料並びに使用料を支払えと迫るのです。
それに応じなければ、中国と同盟関係を締結するぞ、とさらに追撃する。

そして、イニシアチブを琉球王国が握るという考え方です。
さらにこれに伴って、地位協定を撤廃し、米軍兵士といえども一般市民と同様な扱いとすることを米軍側にのませる必要があります。
これが、もしも成功すれば、米軍兵士の特別待遇は無くなり、一般の犯罪者と同様な扱いを受けることから、これまでのような犯罪は減少させることができるのではないかと考えます。

なぜこのような突拍子も無い発想をするかと申しますと、政治が機能しないからです。
行政も全く頼りになりません。
つまりは、国家機能が停止したような国に従属する必要は無いと言わざるを得ません。

沖縄の次は、東京都、そして、近畿圏。
次々に独立の気運が盛り上がれば、国会議員は当然騒ぎ出すでしょう。
これではまるでクーデターですが、それぐらいの刺激を与えない限り、日本を変化させることは不可能と言えるでしょう。

国家百年の大計と言われますが、強烈な個性を持ち、強力なリーダーシップを発揮される英雄の登場を期待するのはヤマトだけでしょうか。
かなり乱暴なコメントですが、たまにはこうした刺激も良いのでは?

では今日もBreak Throughを目指しましょう♪
banner2.gif

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]