忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
Powered by NINJA TOOLS
最新コメント
[08/14 ヤマト]
[07/25 GRID]
[08/18 九州人]
[05/05 まちづくり]
[10/29 いなかもの]
[08/11 まちづくり]
[12/29 いなかもの]
プロフィール
HN:
ヤマト(^_^)v
性別:
男性
趣味:
サッカー日本代表の応援
自己紹介:
■技術士(総合技術監理部門)
■技術士(建設部門:土質及び基礎、建設環境)
■技術士(農業部門:農業土木)
■上級技術者〔施工・マネジメント〕(土木学会)
□のり面施工管理技術者
□一級土木施工管理技士
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマトです。

昨日から降り続いた雪のため、今朝は辺り一面雪です。
但し、気温が高めのため、水分たっぷりの”ベタ雪”となっています。
いつもどおり自転車で出勤するのを躊躇しましたが、かと言って歩かなければならない程の状況には無いと判断し、余裕を持って自転車で出発しました。

いざ外に出てみると、積雪は約5cm程度。
そして、凍結はしていない様子。
何とかなりそうだと判断し、自転車をこぎ始めました。
ところが、自転車のハンドルが自由になりません。
スピードを上げようとすると、どこへ行くか見当がつかなくなるので、しばしば足を着きながらの運転となりました。
登り坂は諦めて、自転車から降りて押し、下り坂はブレーキを常にかけながら、足も使ってゆっくりと進みました。
何とか到着しましたが、所要時間は通常の3倍。
結構時間がかかりました。
そして、疲れました。

今現在もまだ雪は降り続いています。
おかげで到着した時には、ビショ濡れ状態。
早速濡れたものを乾かさなければ。
着いた瞬間から帰宅時のことを考えなければならないのが、こうした日の心得ですね。

ラニーニャの影響で、今年の冬はかなり寒くなると予想していたのですが、暖冬傾向が続いていました。
予想が外れて今年も積雪は少ないのか?
と思っているとこうした状況になります。
なかなか先が読めないのは、現在の世情と似ています。

身をもって状況リサーチを行いましたので、後続の子供に情報伝達です。
早速子供にTELして様子を伝えました。
軽い荷物しか持たない父に比べ、数kgにも及ぶ荷物を自転車に積んで走行しなければならない子供は大変です。
まして、朝は完全に寝ぼけている状態ですから。。。
事故の無いように学校へ到着できることだけを願っています。

ところで、一昨日の大阪国際女子マラソン。
既にご承知のとおりの結果ですが、マスコミの対応に一言。
なぜ福士加代子ばかりの報道なのか?
優勝者や準優勝した選手はそっちのけ。
福士選手は、ハーフでの持ちタイムやトラックでのタイムは確かに立派な記録を持っていらっしゃいます。
だから前評判が高くなるのは当然でしょう。
しかも前半は独走態勢で、どこまで行けるのか?
と興味のボルテージはますます上がっていきました。

しかし、35km手前での急激なブレーキ。
最後は意識が飛んだ状態でゴールへ入ったそうです。
結局彼女は敗者です。
戦略・戦術のミスによる敗者です。
敗者に対する美学は不要だと思います。
あるのは次なるステップへのインセンティブだけです。
過剰な美学認識は当事者に対する余計な負荷にしかなりません。
当事者にとってもっとも望ましいのは、そっとしておいてもらうことです。

理屈も何も承知しないマスメディアが、単に参考持ちタイムだけで可能性を期待したに過ぎない。
さらに言えば、そういった人たちによって上手く福士選手は利用されただけと言えなくもありません。
今後彼女が、どういった選択をするのかは不明ですが、少なくとも今後の彼女のキャリアにとって有意義な経験になって欲しいと願わずにはいられません。

マラソン競技に対する競技結果とエンターテインメント性。
今回の福士選手の報道に対するヤマトの疑問です。

ではまた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]