忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
Powered by NINJA TOOLS
最新コメント
[08/14 ヤマト]
[07/25 GRID]
[08/18 九州人]
[05/05 まちづくり]
[10/29 いなかもの]
[08/11 まちづくり]
[12/29 いなかもの]
プロフィール
HN:
ヤマト(^_^)v
性別:
男性
趣味:
サッカー日本代表の応援
自己紹介:
■技術士(総合技術監理部門)
■技術士(建設部門:土質及び基礎、建設環境)
■技術士(農業部門:農業土木)
■上級技術者〔施工・マネジメント〕(土木学会)
□のり面施工管理技術者
□一級土木施工管理技士
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマトです。

前置詞にも主語がある。

■前置詞
  └名詞の前に置く言葉ó前置詞の後の名詞
                   └前置詞の目的語ï前置詞の理解不能
 ■前置詞にも主語が必要
  &an orange on the table・・・オレンジがテーブルの上にある
   └2つのものの空間的な位置関係
   └orange・・・前置詞の意味上の主語E前置詞の主語

今でも文型などという概念が存在するのでしょうか?
 SV
 SVC
 SVO
 SVOC
 SVOO
こうした文型に拘っていると本来の英語からは遠ざかっていくような気がしていました。
目的語なのに主語のような和訳をしたりしませんでしたか?
そして、前置詞は端役として扱われていました。

単語や熟語については熱心であっても、前置詞にはあまり時間をかけて勉強した記憶がありません。
しかし、前置詞の果たす役割はとても大きなものがあります。
それだけで状態を指し示してしまうのですから。
前置詞の意味を理解することは英語の基本思想を理解することにつながります。
ゆっくり、しかし着実に前置詞を勉強していきましょう。

ではまた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]