忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
Powered by NINJA TOOLS
最新コメント
[08/14 ヤマト]
[07/25 GRID]
[08/18 九州人]
[05/05 まちづくり]
[10/29 いなかもの]
[08/11 まちづくり]
[12/29 いなかもの]
プロフィール
HN:
ヤマト(^_^)v
性別:
男性
趣味:
サッカー日本代表の応援
自己紹介:
■技術士(総合技術監理部門)
■技術士(建設部門:土質及び基礎、建設環境)
■技術士(農業部門:農業土木)
■上級技術者〔施工・マネジメント〕(土木学会)
□のり面施工管理技術者
□一級土木施工管理技士
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマトです。

子供から久々に「数学」の質問がやってきました。
最近は、「物理」に関する質問がとても多く、先日もきっと物理が得意であろうと思うGRIDさんに、依頼をしたところです。
なにせ、高校時代は物理に関して”赤点王”を自認していました。
もちろん、子供にもこのことは示してあるのですが、「溺れる者は藁をも掴む」の心境なのでしょう。
ともかく聞いてきます。
力学系ならばまだ何とか応えられるのですが、電気分野などに至ってはサッパリです。

ところが、昨日は久々に数学の質問だったのです。
ヤレヤレ。
で、質問の内容はというと、以下のようなものでした。

(xy+x+y+1)5において、x2y4の係数はいくらになるか。

皆さまならばどのように解答をなさいますか?

ヤマトは、以下のように解答を示しました。

与式を展開した結果、x2y4となる場合は以下のとおりである。

①(xy)2・y2・1
②xy・x・y3
なお、
③x2・y4 OUT

①のケース:5C23C1=(5・4/2・1)・(3/1)=30
②のケース:5C1・4C1=(5/1)・(4/1)=20

つまり、求めるx2y4の係数は、与式を展開した時に①と②の合計回数登場することになりますから、
答えは50

所要時間3分。
関西の有名私立大学の入学試験問題だったようですが、もしかすると最近物理の質問ばかりで父の良いところを出し切れていないと考えた子供の配慮だったのかもしれません。
あまりにも簡単な問題だったので、そんな風に感じてしまいました。

上記解答を子供に示してやると、「アッ!そっか!」と一言で片づけられてしまいました。
でも、それは無いだろ!
せっかく父が創り出した勉強時間を横取りしたくせにぃ!
とは、もちろん口にしないで、「簡単だろ?」と言っておきました。

来年度は高校3年生。
受験の年です。
「目指せ!京大」と父は言っていますが、それ以前に本人は何を職業とするべきか、目指すべき目標が未だ見えていないようです。
それでは困るんですけどね。
もういい加減には決めてもらわないと。。。
今のところ、学校の先生の言いなり状態で、「○大工学部を目指しなさい」というアドバイスを鵜呑みにしています。
しかし、自分も似たようなものでしたから、あまり子供ばかりを責めることはできません。
だって、ヤマトは高校時代に土木なんて志していませんでしたから。
医者になろうと思っていたと周囲に言うと、「へぇ~!」と呆れたような反応しか返ってきませんから、余程今は土木が板についているのでしょう。
嬉しいやら、悲しいやら。

父子共に来年度は勝負の年です。
頑張ります!!!

では今日もBreak Throughを目指しましょう♪
banner2.gif

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]