忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
Powered by NINJA TOOLS
最新コメント
[08/14 ヤマト]
[07/25 GRID]
[08/18 九州人]
[05/05 まちづくり]
[10/29 いなかもの]
[08/11 まちづくり]
[12/29 いなかもの]
プロフィール
HN:
ヤマト(^_^)v
性別:
男性
趣味:
サッカー日本代表の応援
自己紹介:
■技術士(総合技術監理部門)
■技術士(建設部門:土質及び基礎、建設環境)
■技術士(農業部門:農業土木)
■上級技術者〔施工・マネジメント〕(土木学会)
□のり面施工管理技術者
□一級土木施工管理技士
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマトです。

コオロギ♪さんからコメントを頂きました。
「英語を勉強されているのですか?」
ハイ!ってウソでは無いのですが、子供が英語の勉強を単語中心に行っている姿を見て、少しスタンスが違うのではないかと思ったので、別なアプローチをしているところです。
英語には英語チックな感覚が重要だと思うので、役に立つかどうかは別としてその有効性を確かめているところです。

さて、昨日の問題は皆さま如何だったでしょうか?
ヒントが大いに役に立ったと思います。

①You look great (    ) that sweater.
The sweater looks great (    ) you.

正解は、①がin、②がonとなります。

①については、Youがthat sweaterの中にあるという感覚です。
②については、The sweaterがyouに接しているという感覚です。

これを図で示すと

a9587446.jpg7a18944d.jpg





A in B  B on A

如何でしょうか?苦労して作った画像ですが、手間がかかった割には分かり難いなぁ。。。
と思えて仕方ありません。

inとonを単純に相互関係で示せば

de90a4e6.jpg


上の画像も見えるかどうか全く不明です。
全てが実験的な取組であるため、ご容赦下さい。

ではまた。
PR

ヤマトです。

「着用」のinon

①You look great (    ) that sweater.
The sweater looks great (    ) you.

上記①②の(    )に入れるべき単語はinでしょうか?それともonでしょうか?
一度考えてみて下さい。

◆inの基本的な意味は、・・・の範囲に入って

◆onの基本的な意味は、・・・の表面に接して

簡単すぎますが、今回は以上です。
ではまた。

ヤマトです。

SPO理論というものがあります。

   +    - 
 主語    前置詞   目的語
「SがOに対してPの関係にある」

@subject
  Ppreposition
  Oobject


 ■SPO3つのパターン
  └Œ前置詞+目的語が前の名詞を修飾する
    &an orange on the table
                      S             P       O
  └文の主語=前置詞の主語
    &The orange is on the table.
                        S                 P       O
  └Ž文の目的語=前置詞の主語
    &I put the orange on the table.
                                 S           P        O

上記の3パターンを理解するだけで英語が随分と違ったスタンスで理解できると思います。
 以後は、さまざまな実例を取り上げて眺めていきましょう。

簡単ですが、今回はここまでです。
しかし、上記が基本ですから、分からなくなったら必ずここへ戻るようにしましょう。

ではまた。
ヤマトです。

前置詞にも主語がある。

■前置詞
  └名詞の前に置く言葉ó前置詞の後の名詞
                   └前置詞の目的語ï前置詞の理解不能
 ■前置詞にも主語が必要
  &an orange on the table・・・オレンジがテーブルの上にある
   └2つのものの空間的な位置関係
   └orange・・・前置詞の意味上の主語E前置詞の主語

今でも文型などという概念が存在するのでしょうか?
 SV
 SVC
 SVO
 SVOC
 SVOO
こうした文型に拘っていると本来の英語からは遠ざかっていくような気がしていました。
目的語なのに主語のような和訳をしたりしませんでしたか?
そして、前置詞は端役として扱われていました。

単語や熟語については熱心であっても、前置詞にはあまり時間をかけて勉強した記憶がありません。
しかし、前置詞の果たす役割はとても大きなものがあります。
それだけで状態を指し示してしまうのですから。
前置詞の意味を理解することは英語の基本思想を理解することにつながります。
ゆっくり、しかし着実に前置詞を勉強していきましょう。

ではまた。

ヤマトです。

シリーズものの好きなヤマトの新シリーズです。

前置詞から学ぶEnglish
英語の専門家でもないヤマトが果たしてどこまでアプローチできるか。
はなはだ疑問ではありますが、現代の技術者はせめて英語ぐらいは堪能でなければ無力に等しいと考えねばなりません。
この思いを持ってチャレンジです!

まずは手始めです。

■英語で最も多く使われる単語は?
  └1位-the2位-be3位-of,・・・,6位-in11位-to
    14位-for17位-with18位-on24位-by25位-at28位-from

 ■前置詞を制する者は英語を制す。
  └前置詞の働きを知らなければ、英語のからくりは永久に謎
  └メタファ(metaphor)に多数利用
   └隠喩・・・物事を別な物事にたとえて表すこと
    &He is in the bathroom.(彼はトイレに入っている。)
     He is in trouble.(彼は困難に陥っている。)Eメタファ
 ■前置詞
  └(本来)ものの位置方向移動を表す。
  └(英語)様々な抽象的なことがら(行為、状態、関係など)を位置・方向・移動
   のメタファで表現
   └英語という生態系の中で独自のテリトリーを持って個性的な振る舞い
    をする。

英語には日本語にない独特な表現があります。
 これは国民性に依るものだと考えられますが、これに大きく影響を及ぼしているのが”前置詞”だとヤマトは思っています。
 これを征服することなく単語だけを覚えていっても真の英語は理解できないと言えると思います。
 逆に、前置詞を上手く使えば、文の構成など必要なく簡単に英語らしい表現が可能になると考えます。

 今年、英検準1級を志していたヤマトですが、スケジュール倒れとなってしまっています。
 これも同時に準備を進めなければならないのですが、しかし、技術士を最優先にステップ・バイ・ステップでスパイラル・アップしていかなければなりません。
 一兎どころか二兎も三兎も追っかけて、一匹も捉まらないというのが今年一年だったように思います。
 来年こそは全てを捕捉してやるぞ!との意気込みで頑張ります!
 ではまた。
忍者ブログ [PR]