忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
Powered by NINJA TOOLS
最新コメント
[08/14 ヤマト]
[07/25 GRID]
[08/18 九州人]
[05/05 まちづくり]
[10/29 いなかもの]
[08/11 まちづくり]
[12/29 いなかもの]
プロフィール
HN:
ヤマト(^_^)v
性別:
男性
趣味:
サッカー日本代表の応援
自己紹介:
■技術士(総合技術監理部門)
■技術士(建設部門:土質及び基礎、建設環境)
■技術士(農業部門:農業土木)
■上級技術者〔施工・マネジメント〕(土木学会)
□のり面施工管理技術者
□一級土木施工管理技士
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[38] [37] [35] [36] [31] [34] [33] [32] [30] [29] [28]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマトです。

野球を趣味としていないヤマトがどうしてコメントをしているのか?
それは、今回の北京五輪出場を賭けた大会をプロジェクトと見ているからです。
このプロジェクトの成功の裏では、様々な要員が動いていることは間違いないと見ていました。
もちろん要員としての選手達の頑張りが大きな成果要因として挙げることができるでしょう。
しかし、彼らが思う存分働くための環境が形成されていたことも大きいと思うのです。

聞く話によると、星野ジャパンは偵察部隊を組織し、今シーズン開始時からずっと継続的に韓国、台湾のリーグを丸裸にしていたそうです。
さらには、データ解析により投手ならば投球パターンや打者ならば得意・不得意なコース・球種など徹底的に分析を尽くしたそうです。
その結果、皆さまご承知のとおり、韓国は試合開始直前に先発オーダーを大幅変更するという暴挙に出ました。
しかし、日本は既に分析済みであったため、変更されたメンバーのデータ・カードを即座にベンチへ届けたそうです。
このデータ・カードには性格や過去の怪我履歴まで含まれていたそうです。
このため選手達は自身を持って試合に臨めたそうです。
もっともデータだけが全てではありません。
が、情報とは集めるだけではなく、分析して役に立つよう加工し、必要な箇所へ伝達することが重要です。
まさに総監の分野ですね。

ではまた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]